Make It Happen.

クリエイティブな人生にする方法

「ビジネス」に対する不信感や違和感の正体

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

自粛解除がされたことによって気持ちが軽くなっている方もいらっしゃるかと思います。外に出ると感じる汗の滲み。

夏はもうすぐそこです!というかもう夏か!

 

実は私、「ビジネス」という言葉に対してすっごく違和感を持っていました。

資本主義社会である以上、売れる物は全て商品となり、それがビジネスで商売なわけですが...なんというかその言葉がまず怪しい!と。笑

そのことについて、心境を綴っていきたいと思いますー!

 

☑️ネットビジネスへの不信感と払拭要素

☑️MLMとネットビジネス

☑️全体を通して思うこと

 

■ネットビジネスへの不信感と払拭要素

 ビジネスと言っても様々ですが、ざっくりと「ビジネス」という言葉に対して不信感や違和感を感じる人は意外と身近にもいるのではないでしょうか。

今皆さんが出勤している会社はビジネスをしていますし、サロンやデパートなどの店舗型商売、ライターや動画編集、コンサルティングライブ配信なども個人ビジネスです。中には、ネットビジネスやネットワークビジネスMLM)なども含まれていますよね。

 

私が主に感じていた不信感は、ざっくりとMLMやネットビジネスに対してでした。

では、その不信感はどこから来ていたのでしょう。

(今もみじんこレベルの知識ですが、ひとまず話を進めます。)

 

第一に、一番大きいのが「知らない」不信感でしょうね。

第二に、喫茶店やカフェなどの店舗に「MLMお断り」の張り紙やネット情報、被害情報などから良い印象を持っていないこと。(社会的信用が小さい)

第三に、何をやっているかよく分からない団体やサークルが存在することだけはなんとなく耳に入ってくること。詐欺にあったと耳にすること。

 

まとめると、

「無知である!!!」「社会的信用が小さい!」「詐欺は存在する!」

というのが原因ですね!

 

違法であるネズミ講や本当の詐欺は残念ながら存在しますが、しかし主観的に見て「詐欺だ」と思うこととはまた異なります。主観的に詐欺だと思うのは、その人が期待していたものと、販売されていた物の質に差があった場合なので、そこには価値観の違いなども含まれている可能性があります。流石にペラッペラな内容や注文したものと全然違う商品を手にした時は詐欺なと思いますが!!笑 それも金額が大きければ大きいほど。

 

今回、物事の良し悪しや主観的な詐欺か詐欺でないかを、どこで判断すれば折り合いが付けられるのかについてずっとモヤモヤして考えていました。

(何もしていないのに、勝手にやった気になって考えているのは流石にイタイと気付いております。笑)

 

・倫理観

・双方の価値観

・三法良しであるか

 

この3つの要素で納得がいきました。

まず販売をしている人間には「倫理観」が備わっているのか、常識が備わっているのか、失礼ではないか、が重要ですね。平気で人を騙したり、人の痛みが分からなかったり、利益ばかりを追求していたり、善悪を判断できないような人はビジネスをやらないで欲しい!人間性がいかに大事かが分かります。

社会的にネットビジネスやMLMに対してあまり良いイメージを持たれていない理由は、詐欺の存在や倫理観がのない人間の存在がいるからかと。そして、社会はそういった悪事やネガティブなことにフォーカスしやすいからだと考えています。

 

そして、「双方の価値観」も重要です。販売側は、どこのどんな人に向けて販売しているのかターゲティングをしているはずです。(後にそれが変わることはあるし、たまたま違うターゲットにささってヒットすることもある)

同じく、サイトなどの雰囲気、人間のセルフプロデュース、ストーリー等のブランディングもされています。自分の趣向や好みと商品や販売者が合致しているのか、はたまたそこに納得しているのか、がこれまた重要なのです。違和感を感じながら購入してしまうと、中身は自分が求めていたものと違うものかもしれません。

 

よく「直感を信じろ!」という言葉を聞くと思います。それは、直感は今までの経験から作られているからです。自分と気が合うのか、趣向に合致しているのか、自分の中にスッと受け入れられるかを瞬時に判断するのが、直感だと思っています。

 

「三方良し」というのは、誰も損する人がいないということです。なかなか難しいことですが、人間関係や事業を継続させていくには、ここは絶対です。誰かが嫌な思いをすることで、ネガティブなイメージはあっという間に広がっていきます。また、誰かが損をして自分が得をするというのは気持ちが良いものではないでしょう。せっかくビジネスをしているのであれば、良い循環を回していくことを考えるべきだと思います。

 

MLMとネットビジネス

では、MLMとネットビジネスに対して思うことを書いていきます。

MLMの仕組みが良いと言われているのは、あくまで経営者目線かなと思います。本来であれば、企業は広告費やセールスに多額の金銭をかけています。しかし、MLM組織員が宣伝して、販売し、さらには宣伝&販売要員を口コミで増やしいくことから、中間コストが抑えられます。これはコスト削減になりつつも、商品や販売員は拡大していくのですから良い仕組みですよね。そして、何か有形な商品を扱っている場合は、人間の労働力が余剰価値を生みます。この仕組みは人間の力をうまく使っているように感じますね!

 

次に、ネットビジネス。ブロガーや、ECサイト運営、シェアリングサービス、アプリ、アフィリエイトライブ配信など種類は様々ですが、私は単純に「高い情報商材=ネットビジネス」だと思っていました。しかし、モヤモヤと向き合おうと思って調べていると、情報商材と呼ばれるものの販売も、ターゲティングやブランディグ、リスティングなどの広告運用、HP作成、セールス、お客様の気持ちを考えること、社会をよくしていきたい気持ち、やっていることは普段会社でやっていることと変わらないと気付いたのです。(それを知ったことと実際に運用できることはまた違うのですが...笑)

思った以上に、よくないイメージに囚われすぎていたなと感じました。それに、前職の取引先のSEOコンサルの方のビジネスモデルを冷静に考えればネットビジネスですし。ECサイト運営でスキルを学び独立したなんて話をこんなにも身近で聞いていながら、全く身になってないなんて...恐るべし固定観念!!!!!!

 

どこに疑問を持っていて、なぜそれが駄目だと思うのかを、なんとなくのイメージで判断したり、考えないようにしたり、流れに身を任せるのではなく、「色々な情報から自分の頭で考えて判断しないといけない」と強く感じた瞬間でした。

 

■全体を通して思うこと(自分のこと)

選択肢の多い生活に憧れて、気づいた時には独立したいと思いながら、実業やアプリ開発などのベンチャー企業のモデルを見てどうすれば、自分のビジョンとあったサービスを作れるのだろうと考えていました。

一方で、SNSでは答えを求めてネットビジネスアカウントのフォローが増えていったのです。ベンチャー企業のアカウントや個人ビジネスのアカウントや趣味アカウントなどごちゃごちゃフォローしていたので、それに気付いていませんでした笑

とどのつまり、私は顧客ターゲットであり、仕掛けられる側だったのです。そこに確信を得て、仕掛ける側の仕組みを少し考えたことで視点が変わった気がします。今まで見ていたものが違うものに見えるようになりました。

 

「人生で悩んでいる人、自分の人生を生きれていない人をサポートして、自分の選んだ道を愛おしいと思える人を増やしたい、人生が良くなるワンストップサービスを提供したい」というざっくりとしたビジョンがありますが、どんなビジネスモデルが合っているのかなど考えられていませんでした。そして、目の前のモデルや事象を全く自分ごとにできていませんでした!(なんてこった)

何をしたいか分からないと思っていたので、ビジョンができてきてそれで安心したり、方向性や手段が分からないのに強がっていたのでした!!!!(強がりには気づかなかった...。)

 

とそんな感じで情弱も良いところ、「本当になーんにも知らなかった!!!」

今もそれは変わりませんが、少なくとも本当に本当に本当に本当に本当に無知な事実を知りました。それでも少し前までは「自分は少しは知っている」と思っていたのですから、そういうところですよね。多分情報弱者であればあるほど、自分が無知なことを知らない気がします。勉強すると言っても、表面的な部分しか見ておらず本質を見ていなかったなぁと。

 

変あブロックが外れて視界も晴れたことで、ようやく現実的に向き合って行こうかなと思います。

なんやかんや小さいやりたいこと、突発的なやりたいことはいっぱいありますもん〜笑

だからこそ向き合うしかないですね!

 

ただ、いくら資本主義社会といえど、なんでもかんでもビジネスと言ってくる人に対しては不信感を持ってしまいます!!!笑

情弱という言葉も、搾取という言葉も、普段一生懸命働いている人を侮辱するような言葉も苦手です!!!!笑笑笑 

 

本日もお読みいただきありがとうございました!!!