Make It Happen.

人生面白がりたい内向的なわたしの心情記録

勝つということはどういうことなのか

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、「勝つためには、どんな要素が必要なのか」ということについてお話していきたいと思います。

 

勝つということは、周囲より優位になることであり、それはスポーツの試合で勝つことや、イベントで順位をあげること、収益を上げさせること色々とあるかと思います。

勝つための要素は色々あります。技や体力、ポテンシャル、お金、応援される力。しかし、そこには全てに共通する大きな共通点があることが分かりました。

 

その共通点は、「応援される力」です。

会場のみんなからどれくらい応援されているのか、さらに言えば審査員や審判からも応援されるくらいなのか、一人一人の応援の熱量がどれくらいなのか。

本人の実力だけで勝つこともありますが、しかし勝つ過程の中で、周りの力がいろんな場面で作用していることが多いのです。

 

例えば、普段の練習や心構え、相手に対する気遣い心遣いで、相手からのアドバイスや指導、練習全体の質が変わってきたりします。そして、試合やイベント当日は周りの熱量やパワー(盛り上がり)で自分自身が鼓舞されたり、相手がその熱量に気圧されることもあります。もし審判でさえ人間なので、相手を応援したいかそうでないかで評価が変わってくることもあるかもしれません。

 

なんとなく伝わりましたでしょうか。どれくらい応援のパワーは大きいのか。

 

そして、自分自身が応援されるためには、常に努力をし続けなければならないですし、相手からの信用されるためにコミットを徹底したり、相手にどうすれば与えられるかを考えることができる人でないと難しいと思います。

 

なので、自分一人の力で勝ってきた、だとか、自分意外信用していない人が勝つことは天才か秀才意外いないはずです。

 

「勝つ」ことは、自分のあり方であり、今までの行いや姿勢、相手にどれだけ与え続けられてきたかということなんですね。今までの積み重ねの結果として勝つのです。

 

カジノやパチンコやラッキーパンチなどの「勝つ」は私もいまいちわかりませんが、結果として応援されているかどうかが大切だと思う今日この頃です。あ、ラッキーパンチはあれですね、不安や恐怖に気圧されなかった人の特権!かな。

 

と言っても「応援されたいから〇〇する」というよりも、本当に「どうすれば相手が喜んでくれるか、どうすれば与えることができるか」を考え続けられる人。

利益を先に求めずに、人としてどうありたいかですね。人によっては、どうあれば人としてかっこいいのか、かもしれませんね。

 

さてさて、いかがでしたでしょうか。

こうやって考えていくと、どうしても真理は真理なんですね!笑